« 27日は臨時休業いたします | トップページ | 玄米と五分づき »

2013/09/28

文化祭と体育祭


昨日はお休みいただきまして娘の学校行事へ。
中学生活最後の・・・というフレーズが
これからいちいち出てくることになります。
昨日は合唱コンクール。
普通の音楽の時間でさえ、授業参観日などで合唱をやっていると
感動してホロリときてしまうタチなんですが
コンクールともなると順位も付きますし
それに向かって練習の力の入り方も変わってきます。
みんなで一丸になって頑張ってきたんだなーと思うと感動もひとしお。
今年は見事金賞受賞で嬉し泣きです。

今日は今日で朝から体育祭。
良いお天気に恵まれ、みんながみんな一生懸命で
清々しい気持ちになりました。
部活対抗リレーでも1位
学級対抗リレーでも1位
カラー別(縦割り学級)の総合優勝までして
素晴らしい結果で中学生活最後の体育祭は終了しました。

3年間(上の子を含めると5年間)通じて
コンクールやリレーなど2位という結果で悔し泣きをする場面を
多々見てきました。
どちらかというと私は運動音痴な故に
負けん気というものをあまり持ち合わせていない中学生だったので
「勝てたらもちろん嬉しいけれど、負けて当たり前」というスタンスでした。
なので2位だったらすごい!と大喜びしてしまうタイプだったのですが
「2位では悔しい」思いもあるのですね。
今になって考えると、それはとても必要な感情で
それがあるから力いっぱい頑張れる、精一杯やったのに2位だったから悔しい。
そんな場面に出くわしながら
青春だなーと目頭が熱くなること数回。
もともと自分のハードルを低め設定の私には
見習うところがたくさんあり
(だからといって、今さらこののんびりさが変わることは考えにくいですが。。。)
自分では味わえなかった感情を子供たちを通じて味わうことができて
ありがたいなーと思いました。
良い仲間に恵まれてよかったね。
よく頑張ったねーと褒めてあげようと思います。

|

« 27日は臨時休業いたします | トップページ | 玄米と五分づき »