« おかげさまで10周年 | トップページ | 父の盆栽 »

2013/02/03

息子との会話

「お母さん、15周年迎えた日に hal 閉店すれば?」
と息子が言いました。
リアリティのあるような、ないような数字!
そうか5年後には49歳
その年に50歳になります。
弱小店でほそぼそやっているので、そこまでできるか…
というのが、まず切実な悩みではあります。

開店当時に
息子は5歳(早生まれなので入学2ヶ月前)
娘は4歳でした。
大きなランドセルをしょって
ピカピカの1年生になるのをワクワクして
鼻をふくらませていた小さな息子。
10年なんてあっという間です。
さらに5年経つと息子は成人で
娘は19歳か・・・。
こんなふうに思うと人生あっという間なんだなと思ってみたり。
家族4人で一緒に暮らし
泣いたり笑ったりしながらも
美味しいものを美味しく食べられ
大きな病気もなく、元気でいるうちは
好きなお仕事を、もうしばらく頑張ってみようかと。
いろいろ思うところもありますが
先の心配をしても仕方がないので
今は目の前のことを精一杯やりきるだけと思います。
最後に息子が
「閉店するときにはお客さんが殺到しちゃうから
1年前にやめるって言わないとダメだよ」とのこと。
すっかり大きくなりました、あはは。



 

|

« おかげさまで10周年 | トップページ | 父の盆栽 »